スプレッド(FXスプレッドとは)

簡単に説明するとFX会社への手数料として認識してください!
これは顧客にとってコストの一つになる。 そのため、FXをするにあたっては、取引手数料だけでなく、スプレッドにも注意すること。

 

 

FXでスプレッドとは?

狭い:手数料が低い
広い: 〃 が高い

 

FXにおいてスプレッドは重要!
しっかりと把握する必要があります。

 

売買をする上で買値(ASK)と売値(BID)があり

 

買う場合はASKで表示されている価格

 

売る場合はBIDで表示されている価格となる。
インターマーケットの価格から手数料を加算した価格が表示されます。

 

例えばスプレッドが3銭となっている場合は

、ドル$を買う場合ASKが、100.03と表示されてBIDが100.00となっている場合は、一万j購入(買う)するのに100万300円がかかると言うことです。

この場合、つまり300円の為替差損が生じた状態でスタートするという事です!

 

pipの意味は?(ピップ)

Percentage in point=pipと短縮して表記しています。
あるポイント:最小の通貨単位での1%(1/100)と言う事であります。

 

 

ややこしいのですが、

円の場合には1円が最小単価ですので1円×1/100=0.01円となり【0.01円は1pip】となる。

だから(0.01円=1銭)なので(1pip=1銭)と言う事です。

 

USAドルの場合を見ますと

 

ドルの下の単位はセントとなるので、
1セント×1/100=0.01セントとなり【0.01セントは1pip】となるのです。

 

そうしますと、1ドル=100セントなので【0.0001j=1pip】と言う事になる。

 

 

ここでポイント

簡単に言うと円だけが特別で、0.01(小数点第2位)が1pip
その他の通貨ペアは0.0001(小数点第4位)が1pipという事を覚えておくと
問題はないと思います。

 

*因みに、「pips」は「pip」の複数形で「Percentage in points」の短縮系を示してある!

 

スプレッド