住宅ローンの借換え、最後のチャンスか!?

住宅ローンの借換え、最後のチャンスか!?

 

住宅ローンの金利は、過去最低水準レベルとなっています。
具体的には、変動金利型でいちばん低いものは【0.570%、当初固定金利型(10年)では0.960%】

 

全期間固定金利型【(35年)では1.610%(2015年7月時点・MONEY VOICE編集部調べ)】で、

 

住宅ローンを新規で借りる方は勿論ですが、すでにローンを組んでいる方にとっても、

今こそ別のローンに借換えるチャンスと言えるでしょう!

 

今が借換えのチャンスであるといえる最大の理由は、今後、住宅ローンの金利に大きな影響を及ぼす長期金利が上昇する可能性が高くなっているからなのです!

 

住宅ローン

 

金利変動に最も強い影響がある

 

1)物価動向について。
国内の消費者物価指数は、1999年以降、基調的にマイナスとなる「デフレ」の状態の年が数年にわたり続いていました。しかし、2014年に2.7%と大きく上昇しており(グラフ参照)、明らかに金利上昇要因になっています。

 

 

 

2)景気動向。
景気動向を表す代表的な経済指標であるGDP(国内総生産)は、2014年の実質ベースで、ほぼ前年比で横ばいとなりました。
ただし、2015年1-3月期は、年率換算で+3.9%と高い成長率となっています。つまり、総じて、緩やかな経済成長が続いていると見られ、金利に対しては中立要因といえるでしょう。

 

 

 

3)金融政策については、現在、日本銀行は「量的金融緩和」という政策を実施しています。この政策は、金利を低下または抑制することを目的としており、強力な金利低下要因として作用しています。

 

そして【為替レート】と【株価】は、安倍政権による経済政策
::アベノミクス::により、大幅な円安になると共に株価は大きく上昇、今後も円安・株高は続くという見通しが有力であります。いずれも金利上昇要因となっています。 

 

(元の切り下げが世界経済の不安を作っていますが)

 

 

4)海外金利は、日本の金利に大きな影響のある米国金利がすでに上昇に転じており、金利上昇要因になります。さらに米国は、現在経済が好調なため、年内にも政策金利の引き上げを実施すると見られており、上昇が加速する可能性があります。

 

 

現在の金利が極めて低い水準になっていることがわかります。冒頭で記したように、住宅ローン金利が過去最低水準になっているのは、長期金利が同じく過去最低水準になっているからなのです。

 

住宅ローン

 

 

住宅ローン

 

 

 

★住宅ローンを新しく申込む

 

現在、住宅ローンを新しく申込む方が最も多く利用しているのは

 

変動金利型です!

 

住宅金融支援機構の調査では、民間住宅ローン利用者の
実態調査”2015年/5月・6月期”によりますと、新規申し込みの内の38.4%と4割近くの人が変動金利型を選択しています。

 

また、住宅金融支援機構”2014年度民間住宅ローン借換の実態調査”によると、住宅ローンの借換えで変動金利型を選んでいる方は、37.6%となっています。

 

上記の様に変動金利型が選ばれているのは、メガバンクの中に、【2015年8月3日時点で、0.775%】と低い金利を出しているところがあり、一般的に他の金利タイプと比べてみても金利が低い!と言うのが大きいのではないでしょうか?

 

下記のグラフの借り換えをした理由をみても、『返済額が少なくなるから』・『金利が低くなるから』が圧倒的に多くなっています。
住宅ローン

 

早ければ来年の2016年からでも金利が上る可能性が考えられる! 
にも関わらず金利上昇に対して「不安」を感じている人はそれほど多くはありません?これはいったい何故なのでしょうか!?

 

FP(ファイナンシャルプランナー)のところに住宅ローンの相談に訪れる方に聞くと、変動金利型を借りている方は、『金利が上昇する直前に変動金利型から固定金利型に借換える』事を考えているケースが多いようなのです。

 

 

 

変動金利型の金利が上昇するギリギリ迄待って、
出来るだけ低金利の恩恵を受けようという考えですね。金融機関にもよりますが、変動金利型で申し込んでも翌月から「他の金利タイプの住宅ローン」に借り換えることも可能なのです。

 

だから、変動金利型の金利上昇が始まってからの、借換えても間に合うよ! と考えているワケなんですね。更に申しますと、変動金利型を借りる際に、金融機関から、【金利が上昇するギリギリまで待って借り換える】という事が出来ると聞いている方もいくらかいるようです。

 

しかし、この作戦は現実的ではありません。

 

なぜなら、変動金利型の金利よりも、長期の固定金利型の金利の方が、何カ月も前に上昇する可能性が高いからです。

 

 

ココまでお読みいただき有難う御座いました。

 

つづく...

 

>>.TPOへ